HOME > 当院について > 放射線科 > 検査について > 造影検査について

造影検査について

CT

CT検査やMRI検査で病気によっては造影剤というお薬を使用することがあります。

造影検査を併用することで、病巣などがわかりやすくなり、より明確な画像診断が可能となります。
お薬は静脈注射で注入しますが、お薬が血管外にもれないように十分確認させていただきますので、痛みがあるときは遠慮なく担当看護師・担当技師にお伝えください。

造影剤の使用にあたっては、担当医の説明のもと患者様が納得し、同意を得たうえで検査を行います。
また、当院ではスタッフ一同細心の注意を払って実施しておりますのでご安心ください。


造影剤による副作用について

一般のお薬と同様に造影剤にもごく稀にですが、副作用が起こります。
(気分が悪い・くしゃみが出そう・体にかゆみが出た)などの症状が現れましたら、すぐにスタッフにお伝えください。
その場合はアレルギーを抑える薬を使用し対処いたします。

また下記の症状にあてはまる方は造影剤を使用できない場合があります。


  • 喘息がある方
  • アレルギー体質の方
  • 腎機能障害がある方
  • 今までにヨード系造影剤(CT)、ガドリニウム系造影剤(MRI)を使って気分が悪くなったり、蕁麻疹が出たことがある方


▲ PageTop