HOME > 当院について > 薬剤科

薬剤科

薬

薬剤科は院内の薬剤に関するすべてのことに携わっています。
医療安全対策やチーム医療にも積極的に参加しています。
病棟薬剤業務の取得を目指して人材の育成や規模の拡大、医師をはじめとする医療従事者の作業軽減や薬剤師の病棟での活動意義を高めたいと考えています。


病棟業務

入院されている患者様のベッドサイドに伺い、薬歴や患者情報を元に服薬指導や副作用、注意事項をお伝えし、薬の服用の意義を理解していただけるように努めています。
患者様からの質問・相談などをお受けしています。
また、医師・看護師からの質問にも対応し副作用等を未然に防ぎ、薬に関して気軽に話してもらえる薬剤師を目指しています。
ご自分で薬の管理をされている患者様には直接、薬剤師がベットサイドに薬をお持ちして説明をしています。
持参薬管理も行っており、中止、続行ならいつまで服用可能か、当院採用薬なら代替薬剤の提案を行っています。
各病棟の定数管理等も行っています。


調剤業務

医師が処方した薬剤を入力し、患者様の状態に合わせてー包化、粉砕、簡易懸濁を行っています。
処方ごとに薬剤情報発行、一包化(自動分包機、自動薬袋発行機使用)を行っています。また薬剤のカートセットも行っています。
注射薬も同様にパソコン入力により薬歴が作成され、シール発行、注射薬セットをしています。


無菌製剤調剤

化学療法に使用される薬剤のミキシングを安全キャビネットで行っています。
また、レジメンの管理や医師・看護師との療法についてのミーティングも行っています。


医薬品情報管理室

医薬品情報管理室
  • 薬品の最新情報
  • 妊婦、授乳婦に対する薬剤の使用可否
  • 腎機能低下患者への薬剤投与量
  • TDM
  • 特定生物製剤
  • 向精神薬
  • 麻薬
  • 毒薬

等の管理を行っています。


薬事審議委員会

新規採用薬剤の可否、剤型の変更の提案、採用に当たっての削除薬品の提案等に参加し、メンバーと審議検討を行っています。

チーム医療への参加

  • 褥瘡対策チームへの参加
  • 透析センターカンンファレンスへの参加
  • 病棟カンファレンスへの参加

その他多くの委員会に参加し、意見交換を行い、円滑なチーム医療に貢献できるように努力しています。


▲ PageTop