HOME > 診療科目 > 内科 > さまざまな生活習慣病と自覚症状

さまざまな生活習慣病と自覚症状

高血圧について

15分程度の安静後、座位で右上腕での最高血圧が140、最低血圧が90、いずれかを超えると、高血圧と呼んでいます。
家庭自動血圧計による測定は、朝起きてトイレに行った後、朝ごはんを食べる前に座って、安静状態で測定してください。
この場合の基準は、最高血圧が135、最低血圧が85以上とします。
自覚症状は個人差があります。頭痛、肩こり、顔のほてり感などですが、脳血管障害をともなわない限り、症状にとぼしです。

高脂血症について

血清総コレステロールが220以上を、高脂血症とします。
中性脂肪が150以上、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が40以下、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)140以上を異常値とします。
高脂血症には自覚症状はまずありません。まさに沈黙の病気です。

糖尿病について

食事に関係なく、血糖値が200以上であれば、まず糖尿病と判定してよいでしょう。
逆に、空腹時血糖が110未満であれば正常としてよいでしょう。
それ以上については、経口ブドウ糖負荷試験が必要です。合併症の観点から考えますと、食後高血糖をいかに正常値に近づけるかが最も重要です。
自覚症状としては、口が渇く、よくお茶 (水)を飲む、おしっこによく行き量が多い、最近体重が減ってきた、などです。
しかし、長期化すればするほど自覚症状は乏しく、麻痺してきます。
そして糖尿病単独でも網膜症(視力低下→失明)、腎症(タンパク尿、下肢の浮腫→腎不全→人工透析)、神経障害(ジーンとした痛みをともなう、概ね両側性)の、三大合併症が生じます。

高尿酸血症、痛風について

血清尿酸値の正常値は7以下です。
痛風関節炎といわれる急性または慢性の関節炎で、赤く腫れ痛みをともないます。
足の親指や、甲の関節に症状があらわれることが多いです。


▲ PageTop