HOME > 診療科目 > 消化器内科 > ピロリ菌 陽性と言われた方へ

ピロリ菌 陽性と言われた方へ

ピロリ菌

ピロリ菌感染
 胃がんはヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)感染と深く関わっています。

ピロリ菌感染がない人は胃がんになることが少なく、ピロリ菌に感染すると慢性胃炎になりやすくなります。

その後、萎縮性胃炎になり、さらに腸上皮化生という変化が起こってくると、胃がんになる危険性が高くなってくることが知られています。


ピロリ菌の除菌

ピロリ菌除去  ピロリ除菌により胃がんの予防や感染の防止が期待されるため、ピロリ菌に感染している場合、除菌治療が推奨されています。


当院では、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査を行ったり、ピロリ菌に感染している場合の除菌治療をします。



▲ PageTop