HOME > 診療科目 > 消化器内科 > バーチャル内視鏡

バーチャル内視鏡

CTを使用し画像を立体化(3D)することにより、内視鏡を挿入しないで消化管検査を実施できます。
侵襲が少なく、内視鏡では観察不可能な部分、例えば内視鏡が挿入できない長い腸や、内視鏡が通過できない閉塞部位の奥も観察可能です。

適応と利点

下部消化管

  • 大腸癌とわかった患者の部位、大きさ、多臓器との関係。(注腸検査との比較)
  • 内視鏡挿入困難例。
  • 便潜血は陽性であるが、大腸内視鏡をするには侵襲が大と考えられる患者。
  • 内視鏡検査はいやだという患者。

バーチャル内視鏡と光学内視鏡の比較

内視鏡

【大腸癌症例】

右のように光学内視鏡で判明した癌のおおよその部位がわかる。

 



▲ PageTop